家賃保証料の勘定科目は?

家賃保証料の勘定科目は何に該当するかご存知でしょうか?家賃保証料は、「繰延資産」にあたります。その理由としては、家賃保証料は途中で解約を行っても返金が発生しないことが多く、このようなものは一般的に「繰延資産」として扱われるからです。

家賃保証会社と保証契約を締結した場合に、毎月支払う手数料の勘定科目は「支払い手数料」や「保証料」として計上するのが一般的です。また、この時、家賃保証料のように毎月発生してくる手数料の会計処理を行う場合には「前払費用」か「繰延資産」のいずれかの方法で計上する必要があります。家賃保証料がこのどちらに該当するかというと、「繰延資産」にあたります。その理由として、家賃保証料は、途中解約でも返金されない旨の内容となっていることが多いことが挙げられます。途中解約をした場合でも返金の処理を行わないものは、一般的に「繰延資産」として会計処理することになります。また、「繰延資産」として考える場合、20万円未満の支出であれば、少額の繰延資産としてその年度に使用した経費として一括して計上することが可能となります。

家賃保証のフォーシーズ

This entry was posted in 不動産関連. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>